行事案内

1月24日(木) 法然上人追慕念仏行脚

黒衣法要
行脚
日程
午後3時 黒衣法要(場所:光明寺御影堂)
午後4時 バスにて太秦西光寺へ出発
午後5時半 勤行後念西光寺を出発(念仏行脚)

嵐山公園

井戸来迎寺(禅林寺末)

寺戸来迎寺(光明寺末)

午後9時半頃  粟生光明寺(本山) 着
法然上人荼毘跡にて法要

解散

※念仏行脚
建暦二年(1212年)正月25日、法然上人がお亡くなりになりました。晩年は奈良、叡山の古い教団から迫害を受け、滅後の嘉禄三年(1227年)には叡山の衆徒が大谷の墳墓を暴いてご遺骸を鴨川に流そうと企てたので、上人の遺弟達は秘かにご遺骸の石棺を嵯峨に移し、更に太秦の西光寺に移しました。翌安貞二年正月20日の夜、上人の棺より数条の光明が放たれ、南西の粟生野を照らすと言う奇瑞が現れましたので、同月25日ご遺骸をこの粟生野の地で荼毘に付し寺の裏山にご芳骨を納め御廟堂を建てました。このことに因み毎年1月24日(お逮夜)に法然上人追慕の為に念仏行脚を営まれるようになりました。

« »
紅葉期は大変混雑しますので公共交通機関をご利用下さい。光明寺には駐車場はございません。また近隣は全面駐車禁止です。