御本廟


撮影/橋本健次


撮影/橋本健次

御影堂の裏に回りますと石段がございます。この石段の右手に「圓光大師御本廟」と書かれた石柱がございます。この石段の上が御本廟です。

法然上人を荼毘(火葬)に付した後、そのお骨を青磁の壺に納めこの場所に奉りました。
火葬場に残った灰と土を練り固め、高さ七尺六寸八分と言いますから約二メートル三〇センチの五重の塔を造りお骨を納めた上に安置しました。そしてさらに、風雨を避けるためにお堂が建てられました。それがこの御本廟です。

檜の板壁に直接描かれた飛天女の彩色画。
飛天女彩色画撮影/橋本健次

紅葉期は大変混雑しますので公共交通機関をご利用下さい。光明寺には駐車場はございません。また近隣は全面駐車禁止です。