お知らせ

五重相伝のおすすめ


この度、「宗祖法然上人立教開宗八百五十年記念五重相伝」を総本山光明寺第八十六世法主哲空賢順上人界道大和尚伝燈師のもと、下記のとおり総本山光明寺と総本山光明寺東京別院にて開筵いたします。

五重相伝は西山浄土宗において、在家の皆さまのための最も大切な相伝会です。念仏のみ教えをわかりやすく、五重(五つ重ね)に分けて勧誡師より承り、一つ一つの儀式によって、すでに阿弥陀仏が私たちの心に宿って下さっていることを確認するのです。

皆さまも五重相伝をお受けになり、身心の中に刻み込まれていく素晴らしい仏法の尊さを、これからの人生の大きな支えとしていただきたく存じます。

五重相伝は定期的に行われるものではございませんので、この機会にご縁を結んでいただきますようおすすめいたします。

尚、五重相伝を受けられた証として、空号(法名)を授けられます。

                記

総本山光明寺にて
一.日時
令和2年(2020年)5月14日(木)~18日(月)まで(5日間)午前9時から午後4時まで

一.申込用紙(下の申込用紙を印刷して下さい)
光 明 寺  五重相伝申込 贈五重申込 特別回向申込

一.申込先(申込用紙を下記まで郵送して下さい)
〒617-0811京都府長岡京市粟生西条ノ内26-1
総本山光明寺内 立教開宗記念事業執行本部 事務局 宛
(TEL075・955・6097 FAX075・956・0144)

 

総本山光明寺 東京別院にて
一.日時
令和2年(2020年)6月11日(木)~15日(月)まで(5日間)午前9時から午後4時まで

一.申込用紙(下の申込用紙を印刷して下さい)
東京別院 五重相伝申込 贈五重申込 特別回向申込

一.申込先(申込用紙を下記まで郵送して下さい)
〒194-0215 東京都町田市小山ヶ丘1-2-1
総本山光明寺 東京別院 宛
(TEL042・794・8585 FAX042・794・8586)

 

一.伝燈師 総本山光明寺 第八十六世法主 哲空賢順上人界道大和尚

一.勧誡師 立教開宗執行本部長 櫻井 随峰師

一.受   者   料  1人  15万円也(納付は申込受付後に払込取扱票を送付します)

一.贈 五 重 料 1霊 10万円也(納付は申込受付後に払込取扱票を送付します)

一.特別回向料 1霊 1万円也(納付は申込受付後に払込取扱票を送付します)

一.申 込 期 限 令和2年2月末日まで


一口メモ
 五重相伝は授戒とともに二大相伝の一つであります。簡単に言えば五重相伝とは正伝法により念仏の法(教え)・念仏の利益を説いて頂き、念仏帰依者となる安心起行の要諦を伝授する相伝です。そして授戒はといえば正授戒により戒(戒め・遵守)を説いて頂き、念仏者としての生活規範を伝授する伝戒会で有ります。法と戒は戒念一味・戒即念仏と言い、相離れないものであるのでそれぞれを説くのみで伝授されるものではなく、主なる法(戒)と従たる戒(法)をもって説き示し明確に伝授されるのであります。よって、本来であれば五重相伝で法の血脈を頂き、授戒で戒の血脈を頂き、双方を身に収めることが望ましいのでありますが、時期相応に出逢えた時にお受け頂き、戒念一味・戒即念仏の教えを頂いて頂きたく存じます。


 

« »
紅葉期は大変混雑しますので公共交通機関をご利用下さい。光明寺には駐車場はございません。また近隣は全面駐車禁止です。