月釜へのおさそい

月釜とは

毎月第二日曜日に、光明寺の茶室(廣谷軒)で、一般の方を対象に行なわれているお茶会です。

廣谷軒は、昭和36年に宗祖法然上人750回大遠忌の記念行事として、光明寺第75世霊空賢龍上人により建造されたものです。以来茶道の先生方が交代で、月釜(お茶会)を行っています。その為、表千家、裏千家など、流儀が変わるのも楽しみの一つです。
廣谷軒から眺めるお庭には、春には梅や枝垂れ桜、そして秋にはいつも最後に紅葉する楓が配されています。四季を感じながら、一服のお茶を同席の人々と楽しんでみてはいかがでしょうか。

月釜 担当者名

平成29年 10月8日 表流 岡本 幸子
4月16日 裏流 中西 宗文 11月 ―休会-
5月14日 表流 藤田 寛枝 12月10日 裏流 矢野 宗都
6月11日 裏流 和 会 平成30年
7月9日 月釜会 合 同 2月11日 表流 小野 那津子
9月10日 裏流 上月 宗佳 3月12日 裏流 宮本 宗由

(1月・8月を除く、毎月第二日曜日)

会費 年間5000円(平成29年4月~平成30年3月まで有効)/ 臨時 1回1200円
時間 午前9時~午後3時まで
午前中は、比較的込み合いますので、ゆったり楽しみたい方、初めての方は午後からがお勧めです。
予約の有無 予約はできません。来られた方から受付を通って、控室に入って頂き、順番に御茶席にご案内いたします。
所要時間 一席約30分~40分です
持ち物 特に必要なものはございません。懐紙(かいし)、黒文字(くろもじ)をご持参される方もいますが、当会でご用意しております。
服装 服装は自由です。着物を着ておられる方や、学校の制服で参加される学生の方や、普段着の方、さまざまで和やかな雰囲気です。
お茶会初心者の方でも、ご参加いただけます。

電話お問合せ

紅葉期は大変混雑しますので公共交通機関をご利用下さい。光明寺には駐車場はございません。また近隣は全面駐車禁止です。